CSVでの管理はおこなっていますか?

今後 物販、とりわけ無在庫販売でビジネスを拡大させていくならCSVでの管理は必要不可欠でしょう。

なぜなら 出品・販売方法、受注管理、発注体制などいろいろな業務がありますが、

その中で商品点数が多くなればなるほど、管理こそが大切になるからです。

その管理を行なう上で、出品点数が多くなれば CSVは避けては通れません。


効率化、効率化というけれど どの部分を効率化するつもりですか?

まず・・・

現状を把握しないと 管理はできません。

もしあなたが 大量に商品を出品するやり方、

もしくは扱う商品が 大量になってきたのであれば、

大量に商品を「管理」する必要があります。
その方法として CSVでの管理を まず試してください。

そして 仕入れ先と共有している品番、もしくはJANコードなどを扱うといいでしょう。

しかしAmazon で仕入れを行なう場合はASINが一番です。

なぜなら 世界 のAmazon共通であり、なおかつさまざまなツールが

ASINでの管理に対応しているからです。


管理ができたら何をすればいい・・・?

このツールを使って出品など、フロントでの作業を効率化してください。

そしてそれによって資金・労力・時間を お客さまに満足してもらえる、顧客対応・受注体制・発送フロー・アフターフォローなど別の部分のサービスに力を入れることができます。

もちろん、あなたの業務が今、現在ASINを取得していないやり方・またはAmazonでの仕入れを行なっていないのであれば、このダブルインパクトは必要ないかもしれません。

ですが、ASINを手動で取ってきている、もしくは仕入れがAmazon.co.jp,Amazon.comであるならばこれ以上、あなたに強力な味方は他にないでしょう。


あなたのやるべきことはなんですか?

経営者にはするべきこと、考えること がたくさんあります。

特に 小規模企業者は 出品・仕入れ以外にも 業務改善・人事・経理、会計・資金繰り・目標設定・計画など

日々忙殺される毎日です。

物販実践者、経営者であるあなたは 日々、どれに取り組むか自由な選択があります。

ただ、
どれを選ぶかは自由ですが、

どれを選ぶのも時間が必要です。

どうやって自分の時間を作り出すか、

というのも、経営者の一つの才覚ではないでしょうか。

使用方法はとても簡単です!
1. 販売したい商品カテゴリを選び、

2. 取り込む詳細(価格・コンディションなど)を選択して、

3. 販売先を選ぶ
だけなんです。

これだけで その条件に一致したCSVを作り出してしまうのです。

カテゴリごとにASINを取得する、効率良くCSVを作成する、という点において非常に役立つシステムです。

海外に ASINを取得するツールはあるかもしれませんが、日本のサイトで、そしてCSVまでを作成するには このツールを使っていただくことで作業効率を大幅にアップさせることができます。

このシステムをとっかかりに、徐々に仕入先、問屋さんと組んで展開していただくこともできますし、

価格調整ツールと 連動させれば、自分の好きなカテゴリーの商品を自分の好きな数だけ取得して自分の好きな価格で出品することができます。

このダブルインパクトの特徴としてMWSで取得できない情報を取得できます。 MWSで価格を調整するツールと非常に相性がいいです。

もちろん、eBayのCustom record欄にはAmazonのASINが入力されています。
仕入れを行なう際はこのASINをもとにAmazonで検索し購入することができます。
このツールは 実際に自分が使用しているからこそ、自信を持って公開できますし、

モニターさんに使用していただいたところ、素晴らしい!という好評価をどなたからもいただいております。